中部 国内旅行

長野県 車山高原1泊2日旅行記(おすすめ宿・グルメ・スポット)

更新日:

1泊2日車山高原 (長野県)

車山高原

小学生の娘と妻と、長野県の車山高原に旅行したときの記録です。子供が喜んでいたスポットなどを紹介します。

宿泊施設と観光スポット

ホテル:コロポックルヒュッテ
観光スポット:車山高原 山頂 夏山展望リフト

長野県 車山高原 旅行の予算

旅行の全体予算:約6万円
予算の内訳
宿泊費:2万円
交通費:2万円(高速代1万5千円、ガソリン代5千円)
食費:1万円
レジャー代:5千円
その他:5千円

宿・観光スポット・グルメ情報レビュー

宿泊施設の口コミ・レビュー

コロポックルヒュッテ

霧ヶ峰の車山肩にぽつんと立つ老舗の山小屋です。
ビーナスラインが開通する前から営業されているとのことです。

山小屋なので当然のことながら、ホテルとは違っていろいろ勝手の違うこともあります(宿泊予約の時に、ホテルではないのでアメニティーは用意していないなど説明されました)。

しかし、一般的に山小屋というと、知らない登山者同士が一部屋で寝るといったものですが、ここは原則(夏場の込み合う時期以外は)、家族ごとに個室で宿泊できます。また、寝具(お布団)も事前に予約しておけるので、寝袋なども必要なく、家族で気軽に山小屋気分が楽しめます。夕食も事前に予約しておけば、仕出し弁当的な料理ですが、用意していただけます。昔懐かしい林間学校の気分がよみがえります。

ホテルとは違って不便な面もあるとはいえ、それにも増して、周りは山々囲まれ、眼下には車山湿原がひろがる雄大な風景は他には替え難い素晴らしさでした。

私たちは宿泊時、周りに何もないこともあり、健康的に、夜は早く寝て、まだ薄暗い日の出前に起きて、外に出ました。太陽が昇ってくるとだんだん眼下の湿原にかかる雲海がはっきりと見えてきました。初めて見る神秘的な風景に、最初は眠たがっていた子供も大喜びで、スマホで大撮影大会となりました。

このロケーションで、ビーナスラインを使って、山小屋の前まで車で気軽にアクセスできるので、家族連れには最適です。

子連れにおすすめ!行って良かった観光スポット

車山高原 山頂 夏山展望リフト

夏山展望リフト

2本のリフトを乗り継ぎ、標高1,925mの車山の山頂まで歩くことなく登れます。

車山自体なだらかな山なので、高原を散歩する気分で、足で山頂を目指すこともできますが、小さなお子さんがいるとなかなかそれも難しいかと思います。
私たち家族は、麓から中腹の乗換駅までは、徒歩で登って山登りを30分程度楽しみ、そこから山頂まではリフトに乗って上がりました。

初めての山登りは、中腹までといっても子供にはなかなかしんどかったようで、貴重な経験をさせることができました。

山頂からは北アルプスや南アルプスなどが見え、天気が良ければ富士山まで望めるとのことでしたが、遠くがもやっていて、残念ながら富士山までは見えませんでした。

しかし、360度広がるパノラマは絶景で、山に登った達成感(といっても半分はリフトでしたが)を感じることができます。また、山頂には、めずらしく神社があり、神々しい風景の中、家族の健康をお参りしてきました。

ただ、この山頂、気軽に登れるとはいえ、標高が1900m近くあるので、麓よりかなり肌寒いです。お子さんには長袖シャツなど上に羽織るものを用意しておいた方がベターです。

子連れにおすすめ!グルメ情報

ころぽっくるひゅって(カフェ)

ころぽっくるひゅって(カフェ)

コロポックルヒュッテに併設するカフェで、ヒュッテに宿泊していなくても利用できるカフェです。

車山山頂から車山湿原をたどっていく山道の途中にあるので、車での観光客以外にも多くの登山者でにぎわっていました。お店の外のウッドデッキのテラスに席が用意されており、そこで雄大な自然を見ながら飲むコーヒーは格別でした。(ちなみにコーヒーは1杯ずつサイホンで提供されます。)

子供用にはちゃんと各種ジュースもあります。

私たち家族は出発時間の都合から注文できなかったのですが、厚切りトーストやボルシチなどの食事も名物とのことです。カフェで立ち寄る際にはランチにぜひ!
お店には、名物犬のベリーがおり、カフェの営業中にはテラスの隅につながれています。

ころぽっくるひゅって(カフェ)

とても賢く人懐っこい犬で、わが子と一緒に遊んでいました。
わが子があまり夢中になりすぎて、犬と別れるのを寂しがってしまい、なかなか出発することができず、ちょっと困りましたが・・・。

長野県 車山高原 旅行を予定している方へのアドバイス

アクセスに利用するビーナスラインは、毎年11月下旬から翌4月下旬までの期間、雪のため通行できなくなります。
ゴールデンウィークから夏前にいくのが高原散歩のベストシーズンです。また、夏山登山のシーズンが始まると山小屋も繁忙期を迎えますので、個室利用ができなくなると聞いています。そのあたりもご確認の上、ご計画ください。
話は変わりますが、私たち家族は車で旅行する際、その土地の野菜を農協の販売所や地場のスーパーで買って帰ります。このあたりで購入できる高原野菜は、都内で食べるものとは別格で、味もよく安い値段で購入できます。ちなみに、車山高原麓の観光センターでもキャベツなどの朝採れ野菜が販売されていました。旅行が終わってからも家で旅先の味を楽しめるので、長く楽しみが続くのでおすすめです。

体験記投稿者:harry-ishiro
行き先:車山高原
宿泊数:1泊2日
旅行年月:2015年9月
参加人数:私、妻、娘(当時6歳)

>>中部方面への旅行記事の一覧はコチラ

人気記事

1

旅のもくじ1 「楽天」利用者必見!子連れ旅行の費用を安くするポイント2 知らないと大損!「楽天」利用者必見!子連れ旅行の費用を安くするポイント2.1 沖縄旅行 3泊4日 予算の内訳2.2 楽天のポイン ...

2

子連れで旅行を計画するときに、ホテル選びはとても重要なポイントです。 特に子供が小さければ小さいほど、お昼寝の時間が必要だったり、授乳するために部屋に戻ったりとホテルで過ごす時間も長くなりますよね。 ...

3

マコ子連れで「初めてのハワイ旅行」を計画している方におすすめのプランを、旅行管理者の「マコ」がご紹介します。 私も2人の子育て真っ最中のママです。 旅行が大好きで、旅行会社勤務の経験を活かし、家族であ ...

-中部, 国内旅行

Copyright© 子連れで旅行.com , 2018 All Rights Reserved.